オンライン英会話という格安の英語学習法が注目を集めています。

表があれば裏もあるのが世の常です。

ここでは安く自宅でレッスンが受けられるオンライン英会話スクールをめぐるトラブルをいくつか実例をあげて紹介してみます。

なお、この記事でご紹介するトラブルはあくまでも氷山の一角でしかなく、また特殊な例であるとも言えるかもしれません。

オンライン英会話はまだ新しいサービスですので、そのトラブルについてもいろいろあるということです。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、ケース・バイ・ケースでそのトラブルの内容も違うってきますし、

一概には全部のオンライン英会話スクールがそうだとは言い切れない側面もあります。

もちろん優良なオンライン英会話スクールも多数存在しています。

ただ、よく見聞きするトラブルを細かく観察してみると、多くのオンライン英会話スクールが共通して抱えている

悪い意味での「体質」が垣間見えることもあるように思います。

さて、前置きが長くなってしまいましたが新聞やテレビのニュースをにぎわしたいくつかのトラブルを、

ここでは大きく3項目に分けて提示してみたいと思います。

①中途解約に関する返金などのトラブル

②倒産によるトラブル

③講師との雇用面でのトラブルである。

現在オンライン英会話に関連するトラブルと言うのはだいたい上記の3つに当てはめることができます。

ちなみに、上記の3つにはどの項目にも共通していることがあります。

それはお金が絡んでいるということです。

先程も言いましたがオンライン英会話は新しいサービスですので運営している会社もベンチャーなどが多いです。

だからというわけではありませんが、悪い意味でコンプライアンスが順守されていないような節があるのかもしれませんね。

管理人おすすめのオンライン英会話はオンライン英会話 おすすめに載っていますので見てみてください。