「起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと」は、
カブドットコム証券株式会社の社外取締役や
株式会社ミクシィ 社外監査役をしている
磯崎哲也さんによる有名な本です。

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

起業・開業を考えている人であれば必読の本と言えます。
この本の口コミ・レビューを以下に掲載しておきますので、購入の際の参考にしてみてください。



人気ブログの作者による起業で成功する方法。日本には起業する環境が整っていないイメージがある。しかし実際には知識があれば資金の調達は難しくないという。そこをベンチャー支援の専門家である筆者が解き明かす。

内容は、「起業」と「ベンチャーファイナンス」の二部構成。実践的な知識をわかりやすく解説しています。
前半は、起業家に必要なマインドについてまとめている。確かに本人に素養があることが重要なのだろう。非常に説得力がある。
後半は、「事業計画」や「資本政策」の作り方からはじまって、「企業価値」や「ストックオプション」の考え方、「投資家との交渉のやり方」「種類株式の使い方」といった専門的なテーマが、極めてわかりやすくコンパクトにまとまっています。

堅苦しいところは一切なく、ユーモアあふれる文体で非常に読みやすい。読み進めると目からぼろぼろ鱗が落ちます。
これから起業を志す人だけでなく、現代的なテーマである「起業」について知識を持つのに最良の一冊だと思う。



会社を作る際にはどちらかというと勢いで設立してしまい、資本政策などを考える余裕もなくあとあとで問題になってくることが多いのはよく聞く話で、そもそもそんな余裕がないというのが本当のところだと思います。

本書は、起業の意味や株主とはというもっとも大切なことだけどおざなりにしがちなことに関して非常に丁寧に説明してくれていますので、今から会 社を作ろうと思っていらっしゃる方には必読です。従来は資本政策や企業ファイナンスというと大学の教科書的なアプローチの本が多かったのですが、本書のよ うに実際の企業家視点で描かれている入門書はあまりありませんでしたので、会社を作る際に資本政策としてもっとも気をつけなくてはいけないことがわかりや すく書かれている本書の存在は非常に意義あることだと思います。

ただ、資本政策全体を理解させるためにそれぞれの政策の背景が踏み込まれておらず、もう少し詳細に解説してほいしところです。

読者対象が非常に狭く、それゆえに今までなかったカテゴリーの本だと思いますので、本書を出版された著者や出版社の方には感謝したいです。本書のように会社の作り方の入門書的な本がもっと増えてくれると日本も元気になると思います。



私は一企業家で、まさにこれから資金調達をしようと考えていたときに出会った本です。

この本は、私が資金調達の意思決定を行う過程で生じたさまざまな疑問点にすべて言及しており、企業家の心をつかんだ本だと言っても過言ではないと思います。
全体の構成や章立ても、資金調達の意思決定プロセスや段取りの想定の筋道どおりであり、まるで知識・経験に優れたもう一人の自分に対して自問自答しているような心地でした。

この本で一番学んだことは、(私の仕事はIT関係なのですが)建築やソフトウエアの設計と同じく、資本政策にも設計という概念が重要であること、 大局的な見地が必要ということでした。 たとえば、ソフトウエアの設計においては、一度基幹部分の仕様や設計が決まったら、工程の途中で基幹部分の仕様変 更を行うことは事実上不可能です(建物の柱を組んだあとで、修正が困難なのと同じことです)。
この点、株式の持分比率などに具体的に当てはめて解説されており、理屈ではなくとてもよく「実感」がわきました。

すべてのことに通底するような「心の構え方」を教わったということで、大変素晴らしい知恵を授かった気分です。



ベンチャー企業に出資した経験から如何に資本政策が重要かを実感していました。
しかしながら、多くの企業が資本政策も考えないで作られてしまう。出資した会社の業績はいいのに動きが取れないということがありました。なぜ、こ んないい加減に資本を入れてしまうのだろう(出資する私もいい加減ですが)と思っていましたが、やはりベンチャーの資本政策を教える人が少ないというのが 一番の理由だとではないかと納得していました(上場経験者がアメリカに比べると少ない)。
その意味では、本書は実務を経験した筆者が書いていますので、非常に実践的だと思います(もっと細かくてもいいかもしれません)。会社を作りたいと思っている人は一読に値します。
閉塞感が広がるわが国。若い人がどんどん新しいビジネスに挑戦していくためにすごく役立つ本ではないでしょうか。