「起業する前に読む本」は、

金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバート・キヨサキ氏により書かれた本です。

金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン

個人的には非常に面白い本だと思いますが、

購入を迷われいる方のために読者のレビューを紹介しておきます。


同シリーズは全作所有しておりますが、最近の作品は同じ事の繰り返しのように感じることが多い様な気がしました。また、今までのシリーズは、「投資哲学」全般について書かれており、具体的な話は非常に少なかった様に思います。

そのような中、この本は「ビジネス」に焦点があてて書かれており、またそれも「起業」ということに的を絞ってありますので、シリーズの中では新しい視点で書かれた本であると言えます。

内容もロバート・キヨサキ氏の思いが強く語られており、非常に熱の入った仕上がりになっていると感じます。

シリーズを全部読んでいない方でも内容は問題なく読めると思いますが、最低限ですが、第一作目の「金持ち父さん貧乏父さん」と第二作目の「キャッシュフロークワドランド」だけは読んでからこの本を読む方が良いと思います。

今後のシリーズの展開が非常に期待できます。




『成功するビジネスはビジネスができる前に作られる』

テイクオフの前に十分な事業計画を立てるべきだという点は他と同じだが、本書の特徴は、全てが経験則か実例で書かれているために内容を消化しやすいという点にある。

どのような規模であろうとも、企業活動に必要な要素は変わらない。
その要素とは、「キャッシュフロー・コミュニケーション・システム・法律・製品」と、それらを支える「チーム・リーダーシップ・使命」であると紹介されている。

これらの要素を自分のビジネスにバランス良く供給し、さらに異なる考え方を呼び込むことでビジネスの自由度を増大させる。

事業計画を立てた後に、これらの要素が盛り込まれているかどうかチェックするといいのだろう。

また、失敗してもめげずに、むしろ失敗するスピードと回数を上げることを薦めている。

ロバート・キヨサキファンならば、勇気をもらえる本だろう。




1・学校教育が従業員になるための教育だったなんて。でもこの本で再勉強のコツがつかめます。わかれば後は努力のみ。
2・失敗すればするほど成功に近づくだなんて。何もしないことも危険だという事が良くわかります。
3・起業のプロと素人はプロ選手とアマチュア程の差がある。
他にもたくさんあります。内容が抽象的という指摘もありますが、逆に具体的だと世の中に無数にあるビジネスプランに対応できなくなります。中に何 回も出てくるトライアングルというビジネスが成功するか否かのチェック項目は非常に役に立つので拡大コピーして机の前に貼っておくと良いと思います。




今回出てくるB-Iトライアングルは、金持ち父さんシリーズで基本となる4つのクワドラントと共に、企業にとって、そして起業する人にとって、とても重要な考えであり、成功するための重要な条件だと思いました。

金持ち父さんシリーズが読みやすいのは、
教えがあり、事実があり、その二つがとてもリンクしてあるからですね。

あと、失敗談がたくさん載っているのが、他の成功本と違う所。
失敗しなければいけないと言わんばかりに失敗を肯定してくれているので勇気が出てくる。
これを読んで満足するのではなく、まずは動き出す事が重要だな、と思いました。