起業するには、まず最初に起業形態を決めることが必要です。

それを決めずに起業すると言っても、何をしていいかわからないですからね。

起業の形態としては、株式会社のような会社組織・法人を設立するのか、

1人で個人事業主として開業するのか、

いくつかのパターンがあります。

どのような形態で起業したらいいのかということは

どういったビジネスを行なうかにもよっても異なってきます。

詳しくは、起業するにはをご覧いただくとして、

ここでは会社設立について見ていきましょう。

2006年5月に新会社法が施行されたのは皆さんもご存知かと思います。

これにより、最低資本金額が撤廃されました。

結果的に、株式会社の設立は本当にしやすくなりました。

以前のように300万円や1000万円の資本金を起業時に揃える必要がなくなったからです。

そんな大金、普通のサラリーマンにはないことが普通ですから、

それだけで起業を難しくする理由の1つでした。

今ではいわゆる資本金1円の起業なども可能になりましたから、

学生や主婦であっても簡単に起業することができるのです。