起業をする時の借り入れのポイントについてです。

よく、「個人事業より会社の方が借入れしやすいのでは?」という話を聞きますが、

結論から言えば個人事業か会社かはまったく関係ありません。

起業前後の融資申し込みの場合、事業としての実績がありませんので、

どちらも同じ見られ方をされます。

1円で株式会社を設立できるいまとなっては、

株式会社だからそれだけで信用されるということはまったくありませんので理解しておきましょう。

「会社の方が資本金があるから・・・」ということを未だに言う方もいますが、

資本金の金額がそれほど多くない場合は個人事業となんら変わらない見方をされるのが実情です。

むしろ、総量規制が実施されたことによって個人事業主は借り入れがしやすくなったという現状すらあります。

融資とうう点で言えば、メガバンクよりも日本政策金融公庫の方が

起業時の借り入れについては融通が利きますのでこれも覚えておきましょう。

実際に希望する場合、日本政策金融公庫には新規創業融資という制度がありますので

国金のホームページをご覧になって条件が当てはまるか確認してみてください。