個人事業主の確定申告に税理士が必要かどうか。

これはかなり微妙なところだと思いますが、

個人的には個人事業主であっても税理士は活用するべきだと思っています。

たしかに個人事業主は法人と比較すれば経理や税務の処理が簡単です。

税務署などに開業届を出せば簡単に始められることもあり、

税理士を使うという発想がない個人事業主も実際は多いと思います。

しかし、個人事業主とは言っても起業家であり経営者です。

本来の役割に集中できるよう、税務周りのことは税理士にアウトソーシングすべきです。

個人事業主の確定申告は税理士にお願いしましょう

賢い個人事業主は、だいたい税理士を活用しています。

例えば、 開業時に青色申告の申請をしていれ税制上の優遇措置を受けられるのをご存知ですか?

この事実自体は知っていても、青色申告の控除を受けるために必要な簿記の知識がない

という 個人事業主も多いと思います。

うまく 節税をすれば、税理士を雇うために必要な費用がすべて捻出できることもありますし、

実は税理士を雇わない方が損だったりするのがポイントですね。 

それに、細かい経理のことを社長が1から100まで全部やっているようでは

その事業の大きな成長は見込めないと個人的には思いますよ。